日本でネイリストというタイトルが与えられるのは、日本ネイリスト協会主催の技能検定試験の合格者とインターナショナルネイルアソシエーションの技能試験の合格者です。

ネイリストについて

ネイリストとは?

ネイリストは、爪にマニュキュアや、人工の爪を付けたり(ジェルネイル等)、爪に装飾を施すネイルアートを行います。
また、爪の美容や健康についての手入れなども行う、爪に関するスペシャリストです。
ネイリストと呼ぶのは、日本での呼び方で、海外では、マニキュアリスト、ネイルテクニシャンと呼ばれています。

日本でネイリストというタイトルが与えられるのは、日本ネイリスト協会日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)主催の技能検定試験(1~3級)に合格した場合です。

 

施術をするネイリストバナー

これは民間団体が行っているもので、国家試験ではなく、ネイリストを職業とする場合には、許可制というわけではありませんが、そのテクニックや、技術、知識の指標となるもので、このタイトルを持っているかどうかということが、客の目安になっているようです。

 

ネイリストの検定試験の様なものは、海外にもあり、そのタイトルをあげて営業を行う場合などもあります。

 

インターナショナルネイルアソシエーション(I-NAIL-A)という民間団体も、技能試験を設けており(AAA級、AA級、PA級)合格者を ネイルスペシャリストと呼んでいます。
この2つの民間団体は、訓練校の認定、研修会、などを行っており、検定試験に向けてのトレーニングなども行っています。人口爪のメーカー主催の認定資格などもあるようです。
これらの民間団体からの認定は受けていない所で、小規模でトレーニングを行う所もあります。

 

ネイルアーティストとは?

近年の付け爪などの、装飾、材料の多様化、手法なども多様化してきており、ただ単に技術のスペシャリストを、ネイリストと呼び、ネイルアーティストとは、その上芸術的な要素を付け加えられた美的センスの優れているアーティストというカテゴリーの、ネイリストです。
ネイルサロンにおいて、主任クラスは、ネイルアートテクニシャンと格付けされている国ももあり芸術的要素を必要とするため、デザインや、芸術系の学校でキャリアを積んで、ネイルアーティストと名乗る場合もあるようです。

 

 

ネイリストの資格を取るために必要な事

ネイリストになること自体には、資格は必要ありません。
国家試験や、認定制度がないからですが、実際のところは資格がない場合にネイルサロンで働くことは困難なようです。
では、資格を取るとなれば、どのようなことが必要なのでしょう。

 

疑問に思う女性バナー

ネイリストの資格を取るためにどのようにすればよいのか?

ネイリストの技術検定試験には、筆記実技試験を受けなければいけません。
初めて検定試験を受ける資格は、義務教育さえ終了していれば受験資格がありますが、その上の上級のネイリストの資格の試験には、まず一つ下の級を受験し、合格した人でないと受験資格がありません

 

ネイリストの試験に出題される内容は、ネイルをするうえで必要な知識ですので受験に向かい勉強することは大切です。
現在会社に勤めながら、ネイリストを目指す場合は、通信教育やもあり、実技に関しては夜のスクーリング週末にスクーリングを行うことも可能です。
検定試験には、実技試験もあるため、実技のスクーリングは受けることが、資格取得の検定の合格には大切なことです。
爪も、人体の一部であり、また、薬品などを扱って行うものですので、衛生面等いろいろな注意事項の習得も必要です。

 

ネイリストを目指す専門学校、ネイルスクールに通うことも、ネイリストの資格を取るにはおすすめです。

 

研修生のシステムなどが儲けらえた専門学校もあり実際の仕事に触れる機会も設けられており、就職先も相談などにも、乗ってもらえる利点があります。プロとなる近道とも言えます。
日本ネイリスト協会認定校の場合、指導者、カリキュラムもきちんとしており、おススメです。

 


 

ネイルスクールでは、爪の構造等、基礎的な知識から初まり、ネイリストとして必要知識や、技術を学びますが資格を持っている方が、プロとして働くには、大変有利であるため、資格取得に合わせた、授業が行われます。

 

最近のネイルは、素材も多様化しており、新しい技術、商品なども開発がされており専門的な知識も必要です。
検定試験も決して簡単とは言えず、上級に合格するのは約30%から40%とかなりきびしいものになっています。

>>検定試験の難易度とは?

 

ネイルスクールには、プロ向けの講座を設けていたりするところがあり、プロ向けのさらに上級の資格もあります。

 

資格を取るまでの生活

ネイルの資格を取得するためにスクール通いをしている間、思ったよりもアルバイトをする時間がないことで生活に困る学生さんもいます。
資格さえ取ってしまえばその後の生活は比較的安定しますので、それまでの繋ぎとして一時的な金銭確保をおすすめします。
短時間で高時給が稼げるバイトも良いですが、クレジットカード現金化といった手段で生活費を確保する方法もあります。

 

クレジットカード現金化や、節約術など生活費に関する様々な日常のアイディアは、以下のサイトで詳しく解説されていますので、是非参考にご覧下さい。
一ヶ月に10万円あれば生きていける説|生活にかかる費用と節約術まとめ
https://clickaid.jp