ネイルを行う場合は定期的に休息期を持つことが大切です。

ネイルをすると爪が弱るってほんと?

これは結論でいえば、爪が弱るのは事実です。
それはネイルによって爪に少なからずダメージを与えてしまうからです。

 

自分でセルフネイルをしている場合は「オフ」の仕方が悪いといえます。
また間違ったやり方を繰り返すことで、爪が乾燥しやすくなり、その影響によってももろくなってしまいます。

 

そして大切なのはネイルを行う場合は定期的に休息期を持つことが大切です。
とはいえ、おしゃれに気を使っている女性にとって完全にネイルをしないという選択肢がないこともあるでしょう。
その場合はシンプルなネイルにしたり、爪のことを考えてなるべく、負担のないネイルを選択するとよいでしょう。

 

絶対にやってはダメな無理にジェルネイルを外すこと

ネイルをしている誰もが経験したことがあることだと思いますが、ジェルネイルが剥がれてきたさいに、無理やり剥がしてしまう、或いは剥がそうとしたことがある人は気を付けましょう。
無理に剥がすと、爪をより痛め、健康な爪を失ってしまいます。
また無理にはがしてしまうと爪の層が薄くなってしまうので、痛みを感じやすくなったり、爪への負担をさらに増やしてしまうので注意しましょう。

ネイルを長持ちさせる自宅ケア法

 

無理に剥がす行為は何も良いことがないので、絶対に行わないようにしておきましょう。

 

心配な場合はこまめにオフの期間を作ろう

爪のトラブルは突如として起こります。
一度起こってしまうと、回復するまで時間がかかるだけでなく、健康な爪が生えにくくなってしまうなど、女性にとって様々な悪影響を与えてしまいます。
ネイルサロン等でも指摘される場合があるかもしれませんが、こまめに爪の「オフ期間」を作るということを忘れないようにしましょう。
ネイルを楽しむ分、爪を労り、休めてあげるということも大切なことです。

 

こういったメリハリによって美しい指先をキープすることができ、ネイルの効果をさらに長持ちさせることができるようになります。