大手のネイルサロンで働くと、来店数も多く、回転率を速くすることが要求され、とても忙しい割に給料が見合わないかもしれません。

意外と知らない!?ネイリストのデメリットとは?

最近注目されている、ネイリストは華やかなイメージですが、どのような仕事でもデメリットな面もあります。

ネイリストのはデメリットな面

ネイリストになるためには、認定制度ではないため、検定に合格していなくでもネイリストの仕事はできますが、やはり体の一部を取り扱うため、爪の健康状態の知識がなく、ネイルが好きで上手というだけではトラブルも起こります。
トラブルの発生しないためには、爪の構造など意外と多くの知識を必要としています。
検定の合格を基準としているのは、この様な知識も検定合格するには必要となっています。
常に、新しい情報、流行等 勉強し続けることが必要となります。

検定の受験も1級にもなると、基準も厳しく合格率も低いため、技術的に未熟では何度も挑戦しなくてはいけない事でしょう。また、ジェルネイルの検定など、常に新しい技術があり、その習得も働きながら、常に習得する必要があります。

 

ネイリストの仕事は、ジェルネイルで1時間以上、スカルプでは2時間近くかかることもあり細かい仕事や、集中力を必要とする仕事で、意外と地味な作業です。
お客様を相手にしているので退屈させないように、ある程度のコミュニケーション力も必要です。
集中するのに、話をしながらは、なかなかできない人には大変です。

 

お客様の希望するイメージと、ネイルの出来上がりが違うと、クレームが来ることもあります。
好みを良く承知している相手ならば、どのように仕上げるかもわかりますが初めてのお客様に対しては、服装や、全体の雰囲気などそのお客様の好みの洞察力も必要です。これは、自分の美のセンスを磨くことが必要です。

 

独立開業してお客様の口コミがネットに流れ、あの店は、センスが悪いとなれば来客数に一気に影響されてしまい、クレーム対策もきちんとしなければいけません。

 

大手のネイルサロンで働くと、来店数も多く、回転率を速くすることが要求されとても忙しい割に給料が見合わないかもしれません。
肩こりや、腰痛など集中して行う仕事にはありがちな体調の不良もありがちですが隙間の時間を利用して、ストレッチングをしたり、血行不良を改善したりするようにし、気分転換を上手にしながら、ストレス対策をしながら働くようにしましょう。

 

ストレッチバナー