ネイリストとして将来の独立という夢に向かって、検定の上級取得と技術の向上をめざしましょう。

フリーランスや独立を目指すなら

ネイリストとして、フリーランスや、独立を目指す場合どのようなことが必要なのでしょうか。

ネイリストとしてフリーランス、独立するために

ネイリストの学校を卒業し、ある程度の技術も習得し、検定も2級を取った時点でも、独立が出来ないわけではありません。
認定制度が存在しないので、資格がないとネイルの仕事ができないというものでもありませんが、ネイルの需要が多くなって技術的に未熟なネイルサロンでのトラブルが多発した結果、検定合格者を、指標とするようになりました。
検定自体も、厳しくなっているようで、お客様自体も、ネイリストの技術の指標として資格のあるネイリストを選ぶ傾向にあります。

 

ネイルサロンにまず就職や、アルバイトとして働く場合にも、ネイルの学校を卒業して、検定合格者という基準がほとんどです。
フリーで働くにしても最低技術検定1級、ジェルネイルの検定の上級の取得も必要です。
また特にフリーの場合、どのくらいのプロとしての経験があるかということも重要になってきます。

 

最近のお客様の需要は、ジェルネイルスカルプチュアがほとんどで、学校で習って検定合格時点だけでは、この2つに関しての技術も充分ではありません。

 

ネイルサロンでまず働き、プロの仕事を習い、検定のさらに上級、プロ向けの検定合格を目指すようにします。
特に大手のネイルサロンでは、お客様も多く来店し、とても忙しい割に給料が安く感じるかもしれませんが経験を積む為にも、いきなりの独立は、おススメできません。

 

ネイルサロン接客中バナー

プロになってまだ初心者の内には、いろいろなミスや、わからないことも多くあると思います。

 

ネイルサロンで働いていると、多くの熟練したネイリストの先輩が、対応してくれます。わからないことも、すぐに対応してもらえる利点があります。

 

ネイルサロンで働いていると、お客様が仕事に満足した場合には、顧客がつきます。
その時点で独立するとある程度の顧客はすでにいるので、経営もスムーズにいくことと思います。

 

独立の際には、設備投資も必要ですが、ネイルの仕事に必要なものは50万円もあれば、最低限は揃います。
後、どのようなサロンにするかの設備としてのデコレーションや、カラーをどれくらい豊富にそろえるか、自宅でするかマンションの一室を賃貸するかによっても金額は変わってきます。