どちらも除光液では落とすことができないので、サロンでオフすることが必要です。

ネイルの種類について

「ネイル」にはいろいろな種類があり、違いがわからない方にネイルの種類をご紹介します。

 

以前は爪に塗るものとして、「マニキュア」が常識でしたが、いろいろな種類のネイルが増えた現在では、マニキュア(ポリッシュ)は爪に塗って自然乾燥させるもののことを言い、このポリッシュは長くて1週間程度しかもちません。

 

ジェルネイル

今、人気が上昇中なのが「ジェルネイル」ですが、ポリッシュとは使われている成分が違います。

 

ポリッシュは、伸びが良い液体のような感じですが、ジェルは水飴のようにねばっとした液体のような感じです。そのような違いから、ジェルは自然乾燥させることができないので、爪に塗ってから専用のライトで固めなくてはいけません。

 

ジェルは、専用のライトからの紫外線に反応して固まりますが、ネイルを落とす時も、除光液では落とすことができないので、サロンでオフすることが必要になります。

 

ジェルの方が面倒かもしれませんが、もちが良く、でき上がりの美しさを考えると人気の理由がわかると思います。

 

ジェルのもちは、約3週間から4週間程度で、マニキュア特有の刺激臭もなく、ぷるつやな透明感や輝きが違い、爪への負担が少ないと言われています。

 

 

スカルプチュア

「スカルプ」と略して呼ばれる「スカルプチュア」とは、自分の爪に合ったアクリル樹脂のつけ爪をつけることです。

 

スカルプチュアの材料となるアクリルパウダーとアクリルリキッドをミックスさせて用いる「アクリルスカルプチュア」とジェルを使って長さだしをする「ジェルスカルプチュア」の2種類があります。

 

どちらも自分の爪の長さを出すことができるのが特徴なので、爪が短かったり、爪の形が悪いなどでお悩みの方に最適な方法です。

 

折れたりするのでは?などの心配も無用で、硬さもしっかりあり、丈夫で、自分の爪にぴったりマッチします。

 

スカルプのもちは約2~3週間程度で、ジェルと同じく、除光液では落とすことができないので、ネイルサロンに行って、専用のリムーバーで落としてもらいます。

 

また、ジェルが浮いてきてしまうと、爪と皮膚の隙間に水分が入りやすく、カビの原因となることががあるのでサロンでのケアを忘れずに!