爪と指先の乾燥ケアにハンドクリームを使ったり、爪をコーティングするトップコートを塗ります。

ネイルを長持ちさせる方法とコツとは?

せっかくネイルサロンでネイルを施しても、すぐにその効果がなくなってしまうととても悲しいと思います。
しかし、ちょっとしたことに気を付けるだけでネイルの効果を長持ちさせることができます。

 

ネイル自体は日常生活を過ごす中で、必ず剥がれてしまうものですが「トップコート」を少し塗ってあげるだけでも効果の度合が変化します。
また自宅でネイルケアをすることにより、爪をよりきれいに保護することができるので、常に「美しい指先」をキープすることができます。

男性に人気のネイルとは?

 

ネイルの敵は乾燥だということを理解する!

ネイルの効果を長持ちさせたい場合は「乾燥」に特に気を付けるようにしてください。
そのため、ハンドクリーム等を塗ることも効果的ですし、先ほどご紹介したトップコートなどを塗ることもオススメです。
手や爪の部分を洗ったり、濡らしたりした場合はそのままにするのではなく、すぐに乾燥=拭くようにして保護しましょう。
その後、時間がある場合はハンドクリーム等で手を保護すると長持ちしやすくなります。

 

寝るときのちょっとした対策でさらに美しくキープ

寝ている間は意識しようとしても難しいので、ネイルを長持ちさせるには「手袋+保湿力の高いオイル」を活用するとさらにネイルの持ちがアップします。
また手を保湿することにより、きれいな指先をキープすることができるので、女性らしい素敵な手先に変化させることができます。

 

ただし、何かをして眠ることが苦手という人の場合は「睡眠の質」を低下させてしまう恐れがあるのでほどほどにするか、あえてこの方法を行わないようにしましょう。

 

しっかりと睡眠をとることも「美容」ではとても大切です。

 

家事の際はゴム手袋を活用しよう!

「究極にネイルを長持ちさせたい!」という女性の方もいるかもしれませんが、その場合はゴム手袋をした状態で家事をすると手の乾燥を防ぎ、ネイルの効果を長持ちさせることができます。
またゴム手袋をすることで手を保護することもできるので、結果的にみれば一石二鳥の効果があります。