ネイリストとして働きながらも、検定の上級やジェルネイルの上級を目指して検定に合格すると給料もアップします。

ネイリストになってさらにスキルアップ、そして給料・収入を増やすなら?

ネイリストとしての経験を積む

ネイルの学校を卒業し、検定の2級を取得して就職する場合、まず、経験を積むことから始めます。学校と現場では、やはり違いがあり、一日にこなす仕事も多くなります。
現場ならではの、裏ワザや、時間を早くする方法などを、先輩ネイリストから学ぶことも可能です。
実技の試験の練習をさせてもらっているという覚悟で初めのうちは働くことになると思います。

 

 

働きながらも、検定の上級やジェルネイルの上級を目指して検定に合格すると給料もアップします。


 

学校でいろんな技術も習得したとしても、いざお客様を目の前にしたらやはり、勝手が違うことがあり数をこなしていくうちに、要領も得ることが出来ます。
ネイルサロンで、お客様に気に入ってもらえるネイルが出来るようになれば指名されるようになります、指名されると、サロンによればその分収入もアップします。
大手のネイルサロンであれば、店長になり店を任されると収入がアップします。

 

ネイルに関する、プロ向けの講習会や、新製品、流行の情報など常にチェックしましょう。
技術の向上があることが励みになりますので、技術の向上に努めるようにします。

 

 

独立開業で収入アップ

ネイルサロンで、顧客が増えると、独立開業をした場合すでに顧客があり、収入も、サロンの収入よりも一気にアップします。
ただ、経営の知識、ある程度の設備投資も必要で、何かトラブルがあると自分ですべて解決しないといけないという点がありますが頑張って、顧客を増やしていけば、それに伴い収入も増えます。

 

ネイルサロンで多くの仕事をこなしても、給料は同じですが、独立している場合、仕事が増えればそれに伴い収入もふえます。

 

学校を卒業してすぐ開業を考える人もいますが、学校では学べないプロとして実際に必要な知識がいろいろあります。
一度ネイルサロンで働き、その経営の知識、安くて優秀な仕入れの業者がどこかということや、裏ワザなども実際働いてみると多く学ぶことが多いため、将来独立を目指しているという視点で、働きながらの色々な知識を吸収したうえで開業することをお勧めします。