ネイリストは、接客業に慣れることが大切であり、その上の資格のプロ向けの上級資格やネイリスト講師への資格取得の勉強をするにも有利であると思われるネイルサロンで働いて、キャリアを積むのが良いでしょう。

ネイリストが活躍できる場所

ネイリストの資格を取りその後はどのような分野での活躍が可能なのでしょうか?

 

 

 

 

ネイリスト活躍の場所にはどのようなところがある?


 

ネイルサロン

初心者がネイル専門学校を卒業し、資格を取って働くにはネイルサロンでまずキャリアを積むとがお勧めです。
接客業に慣れることが大切であり、その上の資格のプロ向けの上級資格やネイリスト講師への資格取得の勉強をするということも有利であると思われます。

 

エステティックサロン

エステティックサロンでは、顔や、ボディの施術などと共に、ネイルのサービスも良く行われています。総合的な、美を追求するところでもあり、いろいろと他の分野に関しての知識なども得やすい所です。

 

ブライダルサロン、美容室、ネイル・まつ毛サロン

花嫁の着付けの一環に、ネイルを取り入れていたり、美容室でもネイルも出来るところや、まつ毛サロンでネイルも行う所など、いろいろな美を追求する分野でネイルの需要があるようです。

 

ネイルスクールの講師

ある程度プロとしてキャリアを積んだ場合、ネイルスクールの講師になることも考えられます。
日本ネイリスト協会認定講師の資格を取得する為には、特に高い技術を必要とします。
本部認定講師の資格取得後にも、その上の常任本部認定講師、グランドマスターエデュケーターというように上の資格もあります。

ネイル施術中バナー

 

スタイリスト

トータルのファッション知識を必要としますが、ネイリストの資格を持つと、スタイリストにはとても有利となります。

 

フリーのネイリスト

時間に余裕や、自分ペースで働くことが出来、自宅で時間のある時にネイルサロンをすることやお客様のお宅に訪問する形で、ネイルをすることや、イベントなどで店を構えるなど時間にとらわれることが難しい、主婦などにとっては、好都合の働き方です。

 

ネイルサロンオーナーになる

ネイルサロンを開業することも可能です。
技術検定1級、ジェルネイル上級を取得すれば一人前の仕事ができる指標となります。
ある程度の設備投資も必要ですが、自宅で開業することも出来ます。

 

 

トップネイルアーティストへの道

ネイリストの頂点は、やはり、ネイルアーティストの中でも、トップネイルアーティストと呼ばれるカリスマ的なネイルアーティストになる事でしょう。
ネイルのコンテストは、国内外で行われていますので、数多くのコンテストに挑戦し入賞すると美容イベントなどでも取り上げられたり有名人のネイルのスタイリストとしても有名になることも可能です。
コンテストの入賞に向けて、コツコツと日々努力し、入賞を重ねることがトップネイルアーティス途への道と言えるでしょう。