ネイリストの技術検定1級取得やジェルネイル検定取得、その他にも衛生管理士という資格も取得しておくと、さらに就職には良い条件になります。

ネイリストの就職競争率

ネイリストは、女性の人気資格ランキングでも上位にランクングされる人気資格ですが、就職する場合の競争率はどうなっているのでしょうか?

 

ネイリストの就職競争率

現在の人気資格のネイリストの資格を取りその後の就職は、ネイル専門のスクールなどでは、ほぼ100%卒業後の就職先が決まるようです。
いろいろな美容業界でも、ネイルの需要が高まっているようです。
ネイルサロンをはじめ、美容院、ブライダルサロン等、多くの美容関係のところでもネイルの需要があります。

 

ネイルサロンに就職する場合、学校を卒業しても求人の条件に、技術検定の2級を希望という所がほとんどですので資格取得は大切です。
その後に上級をめざし、1級の資格を取ると独立開業ということも可能です。

 

また、独立開業を目的でネイル専門校に通う生徒も多く、比較的設備投資にあまり大金がかからないため、独立開業が実現しやすいというのも、メリットとなっています。
マンションの一室で、開業ということも良く行われているようです。

 

現在OLをしているが、何か手に職を付け、結婚後も主婦でもできる仕事ということで、ネイリストを目指す人や、現在すでに美容関係で働いていて、ネイリストに転職という人も多いようです。

 

ジェルネイル道具

ネイル専門校では、実際にネイルサロンでほしい人材の技術を教える、職場に直結型の指導をされているところが多く、学校選びの際には評判の良い所を選ぶのも就職につながります。

 

技術能力検定のほかにも、ジェルネイル検定というものが近年でき、ジェルネイルの需要が高まっている背景もありますが、検定1級及び、ジェルネイル検定上級の資格があればネイルサロンへの就職や、自宅などでの独立開業も可能ということになります。

 

 

就職には技術を磨くことが大切

ネイル専門校では、検定合格を目指す指導を行い、それで2級合格というパターンが多いようですが、やはり1級取得や、ジェルネイル検定取得、その他にも衛生管理士という資格も取得しておくと就職には良いようです。

 

その上の、講師の資格を取るのは、高度な技術を必要としますが、収入アップにもつながり、出来るだけ多くの資格を持っていることが、より良い職場への就職には有利になります。

>>就職時、面接時のアピール法を学ぼう