冠婚葬祭時のマナー違反は自分だけでなく、家族や友人、知人等にも迷惑をかけてしまいます。

冠婚葬祭の時のネイル

特にネイルのマナーとしては社会人としてとても意識しておくことが大切です。

 

結婚式等でのネイル

親しい関係、あるいは親族の場合であっても「派手」なネイルはNGです。
あくまでも花嫁、婿を立てることが最も重要だからです。
派手すぎないジェルネイル、シンプルネイル、フレンチネイル等ならOKとされていますが、基本的には「控えめ」という認識を持っておくとよいでしょう。
※わからない場合はある程度質問したりしておくとよいでしょう。

 

お通夜等でのネイルのマナー

これは究極に言えばネイルを落とすことがマナーとされています。例えば前日にネイルをしたとしていても、お通夜や告別式等ではネイルをしないことが一般常識となっています。
またネイルだけに限らず、派手なアクセサリー、高級時計、化粧等もマナーとしてかなり細かく決まっているので注意しましょう。

 

特に光るものについては注意しよう!

光沢があるもの、小さくても目立つもの、こういったものに関してはお通夜・告別式ではマナー違反とされています。
ネックレスは真珠にし、それ以外はなるべくシンプルにするようにしましょう。
化粧でいえば、アイシャドウ、ラメ、光沢系のものは使わないことが基本です。
ただ、誤解をされがちですが「完全なるすっぴん」というのもあまりよろしくはないので、軽く程度はお化粧を施すようにしておきましょう。

 

 

ネイルのマナーは冠婚葬祭は特に意識する

ネイルについてのマナーについてご紹介しましたが、冠婚葬祭時は特に注意が必要です。
自分だけが大丈夫、なんとなく調べた程度ではマナー違反をしていることがあるので気を付けてください。正しいマナーを守ることが大人としての務めです。

 

冠婚葬祭時以外であれば、自分の好きなネイルをとことん楽しんでも構わないですが、マナー違反は自分だけでなく、他人にまで(家族、友人、知人等)迷惑をかける可能性があることも理解するようにしておきましょう。