ネイルサロンは、美を追求するところであり、爪に直接触れるので、衛生面も重視され清潔であることが重要です。

ネイリストとして就職する場合、面接時に有利になるアピールの仕方

 

ネイリストとして就職するため有利な資格

ネイリストとして就職する場合、ネイルサロンでの求人ではほぼネイル技能検定2級以上ということが要求されています。

 

それにつけ加え、近年需要が高まっている、ジェルネイルの検定の合格が望まれています。
ジェルネイル検定も、JNA主催で行われる検定で初級から上級までの3段階があり、実技試験、筆記試験に合格する事が必要です。
就職には、最低でも初級合格者が有利となっています。

検定試験の難易度とは?

ネイル画像

 

ネイルサロン衛生管理士という資格は18歳以上で、講習会を受講したのちに、筆記テストに合格すれば与えられる資格です。実務経験の必要はありませんので、より多くの資格がある方が有利となりますので将来独立などを考えている場合は特に、資格を取ることをお勧めします。

 

 

 

ネイリストとして就職の面接時のアピールポイント

ネイリストとして就職する面接時のアピールポイントはどの資格を持っているかということです。技能検定2級、ジェルネイル初級は、最低条件です。
1級を取っている方が、より信頼は高く評価され、就職には有利となります。

 

資格がなくても、実務経験が豊富であれば、採用されることもありますがまず初めて就職という場合は、大手のネイルサロンで経験をまずつむということから始められることをお勧めします。
コンクールなどがあれば、どんどん参加し、入賞を重ねると他のネイルサロンへ、転職の場合にも有利となります。

 

常に講習会などが開催され、新しい技術、商品なども紹介されているので、プロとして常に技術の進歩をするために注意することを要求されますので、資格をとった後も研究熱心であるという点もアピールすればよいかと思います。

 

ネイルサロンは、直接お客様に接する仕事なので、お客様に不快感を与えるような態度で、面接に向かうなどはもってのほかです。
誠心誠意お客様とに対して、仕事をしてくれそうな人物かどうかが重要で、接客態度の悪いネイリストではネイルサロンの評判も悪くなってしまいます。
マナーに関しても面接官は見ています。
検定試験でもマナーの悪い場合には不合格となります。

 

ネイルサロンは、いわば美を追求するところです。
爪に直接触れる仕事ですから、衛生面も重視されていますので、清潔であることも重要です。