いずれの職場でも、ネイリストは、日頃の技術の向上や、コンテストの入賞などの努力をすることで自分が頑張ればそれに伴い収入も増える職場でもあります。

ネイリストになった後の給料相場

ネイルサロンで働く場合

ネイルの学校を卒業し、初めて働く職場としてネイルサロンは、その後の経験を積む場としても良い所です。
初めて働く場合は、正社員にすぐになるというよりもしばらくは時給1000円前後という形で働くことが多くその中で、正社員となるケースが多いようです。時給は地方により様々です。
大手のネイルサロンの方が比較的、給料も高めですが、仕事の量は多くなり仕事が忙しい割には給料が低く感じる場合もありますが、経験を積みながら勉強をしてより上級のライセンスを取る場合が多いようです。

 

正社員になると月給は20万円前後、年収300万円程度からそのキャリアに対しての昇給や、大手チェーンネイルサロンの場合は、店長に登用されることも良くあり、そうなれば月10万円前後の昇給もあります。
ネイルサロンで、指名制を摂っている場合は、指名料いくらというように、プラスの付く場合もあります。

ネイル道具画像

 

 

ネイルスクールの講師の場合

ネイルスクールの講師の検定に合格し、認定講師となった場合の給料は最高月40万円が平均のようですがその活動によって異なります。
講師の場合、高いスキルを持っているかどうかが重要で、本人のレベル次第で高収入も可能です。
それだけに、日ごろの努力なども怠ることなく、新しい技術などにも対応できるような努力も必要です。

 

 

自宅ネイルサロンの場合

ネイリストとして、独立し自宅でネイルサロンを開いている場合も、良く見られます。
時間にとらわれることなく、仕事ができるという便利さもありますが設備投資が全くいらないというわけでもなく、新製品や、技術の向上、新しいスキルを磨くなどの努力も必要で、まず経営のノウハウや、センスも持ち合わせていることが大切です。
どれくらい働くか時間にもよりますが、月10万程度からもうけが出れば上々です。
すでにネイルサロンで働いていて、顧客もついてからの独立という場合はすでに顧客もあり、ネイルサロンでの給料よりも収入はアップします。
後は、顧客確保の活動に、イベントなどで出店する等、宣伝も考えなければいけません。
顧客をどんどん増やせば、高収入も望めます。

 

 

ブライダルサロン、エステのサロンなどで働く場合

ネイリストとして、、エステなどで働く場合も、給料に関してはネイルサロンと同じ程度と考えると良いかと思います。
今後、スタイリストを目指す等、ネイル以外の総合的な美を追求する仕事に就きたい場合は、ネイルサロンに限らず美容院や、ブライダルサロンなどで働いて、いろいろな経験を積むことも大切かと思います。ネイリストは活躍できる場所がたくさんあります。

 

 

いずれの職場でも、日頃の技術の向上や、コンテストに参加して入賞するように努力ををする事で、名前を売るなど自分が頑張ればそれに伴い収入も増える職場でもあります。